ピューレパールは長期的に使ってこそ効果を発揮できる

ピューレパールは体の気になる黒ずみを除去してくれるとあり、とても人気になっています。効果を実感している方もとても多く、注目と期待を集めるアイテムです。そんなピューレパールの効果をもっと実感できるようにするのが、効果的な使い方です。ここではさっそくピューレパールの2つの効果的な使い方をご紹介していきます。

 

シャワーの水圧で1分以上すすぐ

ピューレパールをお肌になじませる前に、お肌がどんな状態であるか?ということはとても大事です。お肌がピューレパールを受け入れやすい状態であれば、もっと効果を発揮することが出来るのです。そのためにはお肌が清潔である必要があります。お肌の清潔さをキープするためには、きれいに汚れを洗い流すことがマストです。

 

毛穴を開かせて黒ずみの原因ともなっている古い角質・毛穴の汚れを取るために、シャワーをケアするところに1分以上当てるようにしてください。ピューレパールが浸透しやすい状態になります。次に汗が完全に引いたときにピューレパールをケアしたいところになじませていきます。馴染ませ方は、円を描きながらマッサージをするようにすると効果がアップします。

 

重曹をミックスしてパワーアップ

ピューレパールの力をもっと引き出すために、ピューレパールと同量の重曹を加えてよく混ぜたものを使用していきます。重曹はお肌の状態をよくしてくれ、ピューレパールが浸透しやすい状態にします。また黒ずみの原因である古い角質を絡めとってくれます。ピューレパールと重曹を混ぜたものを円を描きながらマッサージするようにしてケアします。この状態でパックをします。1分ほどそのままおくと、効果的です。パックを洗い流す時には片ワキ1分ずつほどシャワーでしっかりと洗います。仕上げに体の水気をしっかり取り、ピューレパールを円を描きながら馴染ませます。特に黒ずみがひどいところには、長めのケアを行うとより有効的です。

 

長期的なケアが黒ずみ解消のカギ

黒ずみが気になるところは念入りにケアを行うのはもちろんのこと、長期的なケアを行うことが黒ずみへの一番の対策となります。短い間で効果を実感したいと思うかもしれませんが、ピューレパールは徐々に効果を発揮するようにできています。お肌のターンオーバーを考えると最低でも28日のケアが必要になります。長い目でしっかりとケアを行っていきましょう。